アイドル・歌手

WurtSの読み方はワーツ?名前の由来と意味が適当すぎてヤバい!

今、WurtSというバンドがTikTokを中心にバズって話題になっていますね!

TikTokを開くと必ずと言っていいほど注目の的になっているWurtSさんですが、近年ではYoutubeにも曲を配信しており、すでに数百万回再生されているほどの大反響ぶりです!

現役大学生アーティストとして一躍話題になったVaundyさんからも「WurtSは売れるぞ」という太鼓判もあって、一気に注目が集まるようになりました。

今回は、そんな話題沸騰中のWurtSさんがなぜここまで注目を集めるようになったのか、その理由や、バンド名の由来やそのルーツにフォーカスしてお伝えしてまいります。

アーティスト「WurtS」がTikTokやYoutubeで話題に!

2021年5月5日にYoutubeで投稿された楽曲「WurtS-分かってないよ」は、投稿から3ヶ月たった8月17日時点で、340万回も再生されています!

WurtSさんが投稿している動画全体ですでに1000万回再生されていることから、その反響ぶりがわかりますね!

wurts_tiktok_,画像WurtSさんのTikTok

また、WurtSさんのTikTokの方では、フォロワーが79,700人で、いいね!が160万個ついてる反響ぶりです!

その影響もあって、10代〜20代の若い人たちを中心にツイッターなどのSNSでも話題になっていました!




「WurtS」の読み方は「ワーツ?」

WurtS_画像

「WurtS」というおしゃれかっこいいバンド名の読み方は「ワーツ」というそうで、「WurtS」はグループではなく、メンバーは、大学2年生の19歳という若さで活動するソロアーティストということが判明しました。

バンド名「WurtS」の名前の由来は「キーボードで適当に打ったもの」だった!

WurtS_画像

そこで気になるのが、「WurtS」というバンド名の由来ですが、広島のラジオ番組に出演した際に、

アーティスト名を決めるときにちゃんと考えるのが恥ずかしくなってしまい、キーボードに適当に打ち込んでみたら「WurtS」になったんだそうです笑

めっちゃおしゃれなアーティスト名は偶然の賜物だったなんて驚きですね!

そこも含めてセンスのある方なのでしょうね!




WurtS(ワーツ)が注目されている理由は?

WurtS_画像_曲ランキング

WurtSさんが音楽活動を本格的に始めたのは、大学の現代文化論を学んでいて、その個人研究で始めたのがきっかけなんだそうです。

WurtS_画像音楽活動を始めた理由を語るWurtSさん

そう言った背景が音楽に反映されていることもあり、最先端の音楽や歌詞、映像を活用した独自性のある作品が注目を集めている一つの要素なのかもしれません。

CMでタイアップコラボをするなど、WurtSの活躍の幅が広がっていく姿に、ネット上でも、WurtSの音楽がどんどん注目を集めていっているという声が多数見受けられました。

このペースの勢いだと、メジャーデビューも夢ではなさそうな感じですよね!これからの活躍が楽しみです!