お笑い芸人・Youtuber

ハラミちゃんのピアノの実力や経歴が凄い!国立音大出身の元OLだった?

ハラミちゃん_画像

東京都庁や京都駅など各地のストリートピアノを演奏する動画で人気を博しているピアニスト系Youtuberのハラミちゃんが最近TVに出演するようになり話題になっていますね!

様々な楽曲のメドレーを即興で披露するハラミちゃんのスタイルがめちゃくちゃ凄い!とじわじわとファンを増やしており、2021年7月時点では、170万人を超えるチャンネル登録者がいる人気っぷりです!

今回は、そんな話題沸騰中のハラミちゃんのピアノの経歴や実力などについて深掘りして参ります。

Youtuber・ハラミちゃんのピアノの経歴・プロフィールまとめ!

ハラミちゃん_画像

名前:ハラミちゃん(本名:非公開)
誕生日:1月21日
年齢:非公開(26歳前後と言われている)
身長:170cm前後
出身地:関東県内
好きなもの:プリン、ポムポムプリン、焼肉(ハラミ)

全国各地のピアノ設置場所に赴き、ストリートピアノで即興パフォーマンスをするハラミちゃんの名前の由来は、焼肉の好きな部位が「ハラミ」だったことからそのまま命名したそうです笑

元々ピアノが好きだったハラミちゃんは高校卒業後、音大に進みましたが、そこで挫折を味わいIT企業に就職しました。

努力した分成果が見えるピアノと違い、会社で上手く結果が振るわなかったハラミちゃんは次第に体調を壊し会社を辞めて燃え尽きてしまったハラミちゃんは、引きこもりになってしまいました。

そんな時に会社員時代の先輩に外に連れ出されて、たまたま行った都庁の45階展望台にあるピアノで、なんとなく「前々前世」を演奏したハラミちゃんの人生は一変するのでした。




ハラミちゃんのピアノ経歴は20年以上で4歳から!

ハラミちゃん_画像

今や170万人以上ものYoutubeチャンネル登録者を誇り、これまでの再生数は3億回を超えるほど人気と注目を集めているハラミちゃん。

彼女の凄いところは、どんな曲でも即興でメドレーにして演奏してしまうところ。周りのお客さんの要望に笑顔で答える姿はとっても素敵ですね。

そんなハラミちゃんがピアノを始めたのは物心が着き始めた4歳頃で、ご両親の影響でピアノと触れ合っていました。

幼少期のハラミちゃん幼少期のハラミちゃん

4歳からピアノを習い始め、クラシックの指導を受ける傍ら、ポップスの練習も続けていた小学校の休み時間に、多目的ホールに設置されていたピアノで、当時好きだった『千と千尋の神隠し』の「いつも何度でも」を弾いていると多くの生徒が集まってきたことがあり、現在のポップスピアニストとしての活動の原体験となっている出典:Wikipedia

「あいうえお」を覚えるより「ドレミファソラシド」を覚える方が早かったというぐらい音楽にどっぷりハマっていました。

ハラミちゃんは自分の幼少期について「特に勉強も運動もできない私が唯一輝ける場所。それが、休み時間の音楽室だった」と口語するほど音楽は特別なものだったそうです。

今ストリートピアニストとして、ハラミちゃんが即興で曲を披露できるのも、小さい頃から努力を積み重ねてきた絶対音感のおかげなのかもしれませんね。




ハラミちゃんの出身大学が国立音楽大学と特定!

ハラミちゃん_画像

とにかくピアノが生活の一部だったハラミちゃんは高校卒業後、音楽大学に進む事を決めました。

そこでハラミちゃんが通っていた大学が、「国立音楽大学」です。

ハラミちゃんの大学が国立音楽大学だと判明したのは、2020年12月のラジオ番組「武部聡志SESSIONS」でハラミちゃんが大学の後輩だと武部聡志さんが話したのがきっかけでした。

武部聡志_画像

名前:武部 聡志
生年月日: 1957年2月12日 (年齢 64歳)
出生地: 東京都
担当楽器: キーボード; ピアノ; パイプオルガン
学歴 国立音楽大学

武部聡志さんの出身大学は「国立音楽大学」と公表していますので、ハラミちゃんの出身大学も国立音楽大学で間違いないと言えますね。




大学卒業後、IT企業で会社員を勤めるも体調を壊す

ハラミちゃん_画像

将来は「ピアニスト」になる夢を幼い頃から掲げていたハラミちゃんですが、学生時代にピアニストになれない自分に挫折してしまい、卒業後はIT企業に就職し、会社員として頑張っていました。

会社員として働いていたハラミちゃんでしたが、「ついついやり過ぎてしまう」完璧主義な性格が災いして、会社で出会った尊敬できる人たちのために頑張りたい気持ちが強くなり過ぎたあまり、体調を崩して休職してしまいました。

休職中は、「家族としか喋れなくてスマホも見られないぐらい落ちてた」状態で完全に引きこもり状態だったそうです。

2019年に休職後、ストリートピアノをYoutubeに投稿し人気に!

ハラミちゃん_都庁ピアノ_画像

体調を崩し、引きこもり状態だったハラミちゃんでしたが、職場で仲良くしていた先輩から気分転換で外に連れ出されることになりました。

そこでたまたま近寄った都庁の45階になる展望台フロアの「都庁おもいでピアノ」でなんとなく一曲演奏したRADWIMPSの「前前前世」の動画をYouTubeに投稿したところ、瞬く間に再生回数が伸び、投稿から2週間で30万回を超える大反響を呼びました。

これをきっかけに、ハラミちゃんは、一度は諦めたピアノの夢をもう一度追いかけようと決意し、現在に至ります。




ハラミちゃんがストリートピアニストに転身後の実力が半端ない!

都庁ピアノで披露したパフォーマンスで、周りに人が大勢集まり、大歓声を浴びたハラミちゃんは、「自分の居場所はここなんだ」と深く痛感したようです。

ポップスピアニストが自分の道だと覚悟を決めたハラミちゃんは、活躍するためには、認知度と身近さが大切だと考え、Youtubeだけでなく17Liveなども使ったりと本当に色々と試行錯誤を繰り返していたようですね。

ポップスピアニストとしてデビューしてからハラミちゃんの活躍っぷりが本当に凄いので、一つずつ見てみましょう!

デビュー1年でワンマンライブ、全国ツアーなども開催

ハラミちゃん_画像

人生の大きな起点となった「都庁ピアノ」の動画は投稿してたった2週間で30万回再生を超える大反響を呼び、Youtube投稿を初めてたった1年で、ワンマンライブが実現。

そんなハラミちゃんが満を持して発表した全国ツアーは、10都市20公演に及ぶボリュームたっぷりのソーシャルディスタンスライブツアーとなる。現在、イープラスにてチケット先行受付も開始している。

出典:https://www.barks.jp/

さらにその後の2020年10月には、ハラミちゃんの全国ツアーが決まり、さらにはYoutubeチャンネル登録者も100万人を突破するなど人気に拍車がかかりました。




2年目で『ハラミ定食~Streetpiano Collection~』でCDデビュー

ハラミちゃん_CD_画像

そしてデビューして2年目の2020年7月1日にハラミちゃん初のピアノカバーCDアルバムをリリースすることになりました!

アルバム名は、『ハラミ定食 ~Streetpiano Collection~』で、レーベルはAvexからということなので、ハラミちゃんは、完全なるメジャーデビューですね!

しかもそのCDは、初週で約7000枚を売り上げ、7月8日発表の「オリコン週間アルバムランキング」で初登場2位、2020年7月13日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”では首位を獲得するなど、ピアニストとして様々な快挙を成し遂げました。

芸能界特技王決定戦「TEPPEN」に出演して2回も優勝

ハラミちゃん_画像

度々TVにも出演するようになったハラミちゃんは、2020年9月26日に放送された芸能界特技王決定戦「TEPPEN」に出演することになりました。

かなりの猛者がいる中、得意の即興メドレーで審査員の心を掴み、見事優勝を獲得!

さらに翌年の2021年の「TEPPEN」でも再び優勝を果たし、ハラミちゃんは2連覇の偉業を成し遂げました。

初のエッセイ『好きのパワーは無限大』を出版!

ハラミちゃん_画像

ピアニストとしては異質の存在を話すハラミちゃんですが、なんと出版本も出されていました!

2021年5月19日に”『好きのパワーは無限大』 挫折から学んだ多くのこと、笑顔のヒミツがココにある”を出版。

ハラミちゃん_画像ハラミちゃんの出版本『好きのパワーは無限大』

これまで数々の挫折を経験したハラミちゃんが、”ハラミちゃん”として成功を収めるまでのリアルなストーリーを綴っている本として、ファンだけでなく多くの人々が感銘を受けているようです!

気になる方はハラミちゃんの本も読んでみるといいかもしれませんね!




ハラミちゃんのピアノ演奏の実力は?即行でメドレーを弾く才能が凄い

ネット上では、ハラミちゃんのピアノのテクニックや実力に関して色々な意見が飛び交っていましたので、今回は、ハラミちゃんの凄いポイントをまとめてみました。

・即興でどんな楽曲でも弾いてしまう”絶対音感”

・全く違うアニメや作品の楽曲でも自然な感じでメドレーにしてしまうテクニック

・ライブ配信やパフォーマンスで、お客さんの膨大なリクエストに応えられるアウトプット力

と言ったところでしょうか。

もちろん上記以外にも、演奏中でもお客さんのカメラ目線で笑顔で答えたりする人の良さだったりと、素敵なポイントはたくさんあると思いますが、

ピアノを身近に感じられる感じがして、音楽に疎い視聴者からすると、とても魅力的な存在に感じられますよね。

ハラミちゃんのピアノは下手?彼女の実力にネット上の声は?

ハラミちゃんのピアノの実力については、称賛する意見もあれば、「下手じゃない?」という声も一部で見受けられましたが、一体どういうことなのでしょうか?

ちょっと気になったので、ハラミちゃんの実力についてのネット上の意見をまとめてみましょう。

確かに素人の私でも今間違ったなって気付くことあるけどそれも含めてストリートピアノってやつな気がする。上手いより楽しいみたいな。
これみてピアノやってみようって思う人は絶対いるはずだし。
YouTubeだと好きな人だけ見れるけどテレビ出ちゃうと嫌でも目につくって感じかな、みんな。
ミス多いし雑だし、気持ちが入らない、、、一般人の俺でもわかる。でもユーチューブだと人気。
逆に実力者日本コンクール一位のカティンって人、めっちゃ上手いのに再生回数伸びなくて残念、、
ピアノの敷居を下げる。という考えの下での活動。耳慣れたメジャーな曲は私は心地よく感じます。
挫折を乗り越えての今をとことん楽しまれている姿は素晴らしい。
ただ、メディア等に良いように使われて、疲弊していく姿は見たくない。
耳コピできるとかすごいし、とても明るくて見ていてこちらまで明るくなるハラミちゃんすごいですよね!

ただあまりにも早く弾く演奏のために、一つ一つの音にミスが多くどうしても聞くに絶えない時があるのも事実。
もう少し丁寧にひいてる演奏もテレビで見たいかな?

まぁきっとテレビ局から早い演奏を求められてるんだろうけど。

ハラミちゃんて、瞬時に耳コピできることが他者を圧倒的に超越してるんであって、演奏技術はそこそこってとこかな。
よく聞いてると、ミスタッチが多くて雑音に聞こえる部分も多いし。

という感じで、

【ハラミちゃんのピアノが下手に感じる理由】

  • たまにミスをしている時がある
  • テンポが早くて音が雑に聞こえる時がある
  • 本来の楽曲の音符を少し飛ばしている時がある

というのが主なマイナスな印象として挙げられていました。

ハラミちゃんは元々プロのピアニストというわけではありませんので、これからもっと練習を積み重ねて、綺麗な旋律を奏でていけるようになればそう言った弱点も克服できそうですね。

たった2年で物凄い注目をされるようになったこともあり、一部の人から妬みみたいなものは浴びてしまうことは致し方ないことかと思いますので、

メディアや批判の声に潰されず、これからも活躍の幅を広げていって欲しいですね!