アイドル・歌手

平野紫耀の苦労人エピソードがヤバイ!貧しい少年時代や両親の離婚も!

平野紫耀_画像

平野紫耀さんといえば、ジャニーズの人気アイドルグループKing&Prince(キンプリ)の中でも一番の人気メンバーの一人ですよね。

バラエティ番組や映画など活躍の幅を広げ続けている平野紫耀さんですが、実はそんなキラキラの輝く人気絶頂のアイドルの裏には、壮絶な苦労があったそうなんです。

両親が幼少期に離婚してしまい母子家庭で貧しい生活を強いられていたり、病気になってしまって苦しい想いもした経験も。

今回はそんな素敵な笑顔の裏にある平野紫耀さんの苦労人エピソードをまとめてお伝えしたいと思います!

キンプリ平野紫耀の苦労人エピソード集!

平野紫耀_画像

平野紫耀さんは、もともとダンスが好きでスキルも抜群。

正統派王子様のようなルックスに優しい性格ということで超人気のアイドルとして大活躍されていますが、幼少期のエピソードはかなり貧しくかなり苦労されていたようです。

平野紫耀の両親が離婚。母子家庭で育つ

平野紫耀_画像

平野紫耀さんのご両親は幼少期に離婚してしまい、母親が平野紫耀さんを育てる母子家庭という形で過していたそうです。

しかし、子供を育てながら一人で家事も切り盛りすることは容易ではなく貧しい環境から、母親は仕事漬けに。その結果体を壊してしまうほど働いていた事もあったそうです。

ドキュメンタリー番組で平野紫耀さんが特集された時には、アイドルとして活動を始めたきっかけを

「母子家庭で育ってきたために、母親を支えたいと思った」

「ちゃんと親(母)にも悲しい思いをさせないように、ちゃんと仕事しなきゃなって」

と、とっても母想いなコメントをされていました!




平野紫耀の少年時代が貧しすぎる

平野紫耀_幼少期_子供の頃画像

裕福な家庭だったら子供のプレゼントのお願いとストレートに同じものが贈られそうですが、

母子家庭で育っていた平野紫耀さんの幼少期のクリスマスプレゼントは期待とは全く違うものをもらったというエピソードを持っています。

それは、ゲームソフトをお願いしたら、

同じサイズでラッピングされた「蒲焼きさん」がプレゼントされたという逸話や、

蒲焼きさん太郎_画像

アクセサリーをお願いしたら図書カードだった。

その翌年にもう一度アクセサリーをお願いしたら
うまい棒50本だった。

うまい棒_画像

というクリスマスを過ごされていたようです。

お母さんのプレゼントのチョイスが実用的なところがまた素敵ですが、我が子の要望にストレートに答えられなかったあたり、平野家の経済状況は豊かではなかったのかもしれませんね。




平野紫耀は難病の過去があった?

平野紫耀_子供の頃画像

あれだけのルックスで、ダンスパフォーマンスも超上手い平野紫耀さんですが、実は難病である「川崎病」を患っていたのです。

ちなみに川崎病とは、全身の動脈に炎症が起こってしまう病気で

一番の注意点は、冠動脈という心臓の筋肉に酸素や栄養を共有している血管に影響が出てしまう事です。

冠動脈が傷つくと、損傷した血管に瘤(こぶ)ができてしまいます。通常であれば時間とともに自然消失することが多いですが、

稀に瘤の中で血の塊ができて血管を塞いでしまい、心筋梗塞を起こしてしまう危険性がある怖い病気です。

平野紫耀さんの場合は、重篤な川崎病の症状を発生させてしまうのを予防するためにも、激しい運動は厳禁とされていて、学生時代はリレーや長距離走などは禁止。

定期的に病院で検診も受けており、現在でも激しい運動は禁止されており、ダンスなどもある程度抑えてパフォーマンスしなければならないようですね。




平野紫耀の苦労していた過去にファンの声は?