【ゆっくり】柚葉(たまゆら)と石氷匠は別人と判明?特許権の行方は?

ゆっくり茶番劇_画像

2022年5月15日にTwitter上で突如、「柚葉/Yuzuha」と名乗るYoutuberとして活動する人物が、フリー素材として長らくネットユーザーに愛されてきた『ゆっくり茶番劇』を製作者に許可なく勝手に商標化し、大炎上しています。

今回柚葉/Yuzuha氏が「ゆっくり茶番劇」の特許を取得したとTwitter上に投稿したことで、ネットユーザーが調査に乗り出し、特許の出願人が「石氷匠」という人物だということが炎上からわずか数時間で判明しております。

注意
特許出願代理人である石氷匠氏や、特許取得の依頼を受けた弁理士等への誹謗中傷や、過激な発言、行為は絶対に行わないようにしましょう。

しかし柚葉/Yuzuha氏本人より、石氷匠という人物は「代理人」だったということが明かされ、ネット上ではさらなる調査が進められている模様です。

今回は、柚葉/Yuzuhaという人物の正体と、ゆっくり茶番劇の特許権の取り扱いは今後どうなってしまうのか、情報をまとめて参ります!

柚葉/Yuzuhaの正体と噂の「石氷匠」が別人ってどういうこと?

「ゆっくり」特許権の取得を行った出願人の名前が「石氷匠」という人物であることはネット上でも話題になっており、当本人の住所がバレてしまっているだけでなく、関係各所に対する「○破予告や、凸撃予告」などを行う過激なユーザーも出てきてしまっている模様です。

長年ネットユーザーの間で愛されてきたゆっくり茶番劇を制作に携わっているわけでもない第三者が勝手に権利を独占しようとしていることで多くの人々の怒りを買っているようですね。

柚葉/Yuzuha氏の正体ですが、既にネット上のユーザーによる調査で、柚葉氏のYouTubeアカウントは海外のYouTubeアカウントを売買して入手した可能性が高いことがわかっています。

画像を見てみると明らかに怪しい雰囲気ですよね。おそらく登録者を10万人前後抱えている比較的安価なアカウントを海外勢から買取り、そこからチャンネル登録者を買収したというのが現実的でしょうか。

石氷匠という代理人を使った姑息な特許権の取得は有効なの?

柚葉/Yuzuha氏がTwitterにて特許権の画像を投稿したことから、特許権を取得した出願人や担当した弁護士などの本名が割れており、出願人として申請していた人物が「石氷匠」氏であったことから本人なのではないかと噂されておりましたが、

「柚葉氏は全くの別人である石氷匠氏に代理人として特許を取得してもらい、法律上異議申し立てできる猶予期間を過ぎてからネット上に公開する」というあまりにも姑息なやり方で特許を取得していたことが判明し、これに対してネット上では更に怒りの声を爆発させていました。

そもそも「柚葉氏が自身のために使用する商標」のはずなのに、「名義人を依頼している方」が実在した場合、弁理士や特許庁すらも欺いていることになると思いますが、 法律的にどうなのでしょうか?

実際特許庁のHPでは、弁理士などの資格を持つ人でなくても代理人として申請ができると記載されていました。

申請人の代わりに、移転申請手続を行う者全般を指します。弁理士や弁護士等の国家資格を持つ者に限らず、法人や自然人(在外者を除く)による代理も可能です。
また、同一の代理人が登録権利者及び登録義務者双方の代理人となることや、申請人の一人が他の申請人の代理人となることも可能です。

出典:https://www.jpo.go.jp/system/process/toroku/iten/sonota/dairinin.html

しかし、申請人を偽ることはできませんので、特許の出願人である「石氷匠」が別人だとしたら、柚葉氏は全くの他人に特許を取得させ、それを柚葉氏が、「ゆっくり茶番劇」の特許を独占しようとしていたとしたらかなりヤバイ話ですよね。

ネット上では、今回のゆっくり茶番劇の炎上騒動について、柚葉氏が取得したとされる特許権利者が別人か、住所等が嘘だった場合は、様々な犯罪に問われてしまう可能性があるんだそうです。

もしそうだとしたら警察の人たちにもしっかり動いて欲しいですよね。

今回の騒動の火消しが止まらないのか、当初は10万円の使用料を求めていた柚葉氏でしたが、5/16のTwitterでは一転して、「使用料は不要だが、権利は当社のもの」とあくまで使用料は取らない方針であることを発表しました。

とはいえ、多数のファンの方や、ゆっくり茶番劇を用いて作品を作ってきたユーザーからの批判は止まらない状況のようですね。

柚葉/Yuzuhaのゆっくり商標登録についてネット上の声は?

今回の「ゆっくり茶番劇」の特許権に関する炎上事件で、申請を受理した事務所や、出願を代理した代理人の石氷匠氏が謝罪文を公開する異例の事態となっております。

当の柚葉/Yuzuha氏本人には反省の色は全くなく、法的な正当性を主張していることから、ネット上ではさらなる批判の嵐が巻き起こっていますね。