お笑い芸人・Youtuber

霜降り明星せいやが嫌いな人が多数?苦手な理由はうざいキャラが原因?

「霜降り明星」といえば、M-1グランプリ2018の優勝をきっかけに、大ブレイクした人気芸人コンビですよね!

僕は結構子供じみたネタは好きなので、普通に面白いかなーとも思うこともあるのですが、

ネットで調べてみると意外と「苦手」とか「嫌い」というコメントが多数寄せられていて、びっくりしたので、その声と理由を調査してみました!

霜降り明星せいやが嫌いな人が多数?

まず、霜降り明星の面白さについては、独特なネタ・キャラ故に、好みが大きく別れると思いますが、ツイッターや、Yahoo!のコメントを見てみるとかなり不満を抱えた人が多かった印象でした。

霜降り明星せいやが「苦手・好きになれない」という声が・・・。

こうしてみてみると、「面白くない」「うるさい」「嫌い」と、あまり霜降り明星を気に入らない人は多いんですね。

あまつさえ「生理的に無理」というコメントさえあるので、女性にはあまりウケないのかもしれませんね・・・。




霜降り明星が苦手・好きじゃないと言われてしまう理由。

こういった好き嫌いの意見は、芸能人なら誰でも受けるものだとは思いますが、ここまで集中的に言われてしまうのは何が要因なのでしょうか。

独特な芸風・キャラクターが原因?

まず考えられる要因なのが、彼達の独特なネタ、キャラクターでしょうか。

人によっては、

①声が大きすぎてうるさいと感じてしまう。
②破天荒さがぶっ飛びすぎて面白さが理解できない
③独特なキャラや、見た目が生理的に無理。

と感じてしまうようです。

確かに、キャラクターがとても濃い人ですから、こうした意見が出てしまうのもわかる気がします。

吉本のゴリ押しで視聴者が冷めてる?

これは僕もTVを見ていて、ちょっと気になったことなのですが

事務所である吉本の「霜降り明星」押しがハンパないなぁ〜と感じていました。

試しにインターネットで「霜降り明星 ゴリ押し」などと検索すると、多くの記事が出てきました。

「養成所出身ではなくオーディションに合格して、吉本の劇場に出始めたコンビ。最初はツッコミの粗品がピン芸人といて活動していて、19歳の時にMBSの年末恒例のお笑い番組『オールザッツ漫才』で優勝し、よしもと内でも一目置かれる存在となりました。その後、ボケのせいやとコンビを結成し、かつてのナインティナインやキングコングなどのように、プッシュされるようになったわけです」(お笑い関係者)

霜降り明星としては、「お笑い8年周期」に基づいて次世代スターを発掘する『新しい波24』(フジテレビ系)に出演。同番組の出演者から選抜されたメンバーによる同じ趣旨の番組『AI-TV』(同)にも名を連ねていた。
「まさに、ナイナイやキングコングのようなイメージで、若くして売れていくことを約束されたコンビという印象。ただ、仲間内や業界内では、よしもとのプッシュが露骨すぎるということで反感を買っていた部分もあります」(同)

出典:https://www.msn.com

大手メディアの記事の一部で霜降り明星について語られていました。

TV関係者によると、霜降り明星は、実力が業界で認められて、事務所からプッシュされるようになったようです。

なるほど〜!つまり、事務所の営業で、かなり気合を入れて押していた反響でユーザーから反感を買ってしまったのですね・・・。

ツイッターでも同様のコメントが、多数挙げられていました。

いくら実力のある芸人だとしても、露骨な事務所のゴリ押し感があると、色々間勘ぐってしまって素直に笑えないですし、なんだか冷めてきちゃいますよね〜。

M-1の優勝も事務所の営業方針の一環なのではないかと思うと、視聴者側からしたらちょっと嫌な気分になりますよね。

見た目が生理的に受け付けられない?

特に、せいやさんはその独特すぎるキャラクター故に、主に女性ユーザーから生理的に受け付けられないという厳しい意見も飛んでいるようです。

お世辞にもイケメン!とは言い難いお二人のルックスですから致し方ないのかもしれませんが、面白さで、ぜひカバーして欲しいですね〜><




一方で、好きだという声も

ちょっとはしゃぐ系のネタもあるため中高年齢層には、あまりウケていないそうですが、子供には結構ウケているそうです。

霜降り明星せいやの感動いじめエピソード

色々意見が分かれる霜降り明星のせいやさんですが、高校入学して集団いじめにあってしまう事件があったそう。

しかもいじめは段々とエスカレートしていき、そのストレスから脱毛症になってしまったそうです。

TVでご自身の禿げをネタにしていたのは、この過去が原因だったんですね。

せいやさんは、中学時代は、サッカー部のキャプテンをするほどの人気者だったのですが、

高校に入ってから悲惨ないじめにあってしまい最終的には、母親から「転校しよう」と頼まれたにも関わらず、せいやさんは、同じ高校を通い続けたそうです。

そんな中、高校の文化祭の時、クラスで劇を作ることになったのですが、いじめっ子に「お前1人で劇を作れ」と言われる暴挙を受けます。

せいやさんは、自分で考えたコントをクラスで発表してみた結果、なんと大好評で表彰されました!

嬉しさと、見返してやったぞ!という気持ちでいっぱいになり、表彰式の壇上で「いじめを跳ね返したぞ!」と叫んだそう笑

正に「笑いは、身を助ける」と実感した瞬間だったのですね。




霜降り明星を結成するきっかけは?元々はライバルだった?

霜降り明星は、養成所の出身ではなく、オーディションに合格して、吉本の劇場にで始めたコンビです。

最初は、ツッコミの粗品さんがピン芸人として活動していて、当時19歳の時にあったMBSの年末恒例のお笑い番組『オールザッツ漫才』で優勝し、それから今があるわけですが、そんな2人の最初の出会いは、高校生の時だそう。

ハイスクール漫才大会・大阪の決勝で、元々は別々のコンビで出会っていたそうで、

粗品さんは、高校生の時から笑いの才能を買われていたそうです。当時のコンビは「スペード」という名称で活動していました。

一方のせいやさんは、「ドンパルトン」というコンビで活動し、

小学生の頃から精力的に笑いに取り組んでいてその時から少しづつテレビにも出ていたそうです。

その頃から、セイヤさんにとっては、「打倒、スペード」という思いで、粗品さんをライバル視していたようですね。

粗品さんは、そのまま高校時代からピンのままでR-1で2回戦まで進出したり、大喜利のサイトを立ち上げて運営したりと、かなり貪欲に努力されていたようですね。

大学時代、ついに霜降り明星結成

その後2人とも大学に進むわけですが、粗品さんは、同志社大学に入り、勉学に励みつつも「オールザッツ漫才」で優勝するほどの才能をすでに開花させていました。

この時に、粗品さんは、「成人したらスーツで漫才がやりたい」とコメントしたそうです。

この時点で、粗品さんは、大学1年生でよしもとのオーディションを通り、
正式に契約をすることが決まって、大学もやめて、本気でピン芸人として活動を始めたそう。

しかし、本人にとっては、「スーツを着て漫才をする」という目標があったので、あくまでも漫才にこだわり、最高のパートナーとして選んだのが大学生の「せいやさん」だったようです。

「こいつが一番面白いやつ、こいつと組んだらもっと面白くなれる!」

と熱心に誘ったようです笑

これには、せいやさんも、すでにピン芸人で実績があった粗品さんに少し戸惑ったことも話されていました。

まとめ

いじめの話はスカッとジャパンで再現ドラマとして放送されていましたが、ドラマティックでとっても感動する話でした。

高校時代の壮絶なイジメを乗り越えて「笑い」に魅せられた2人のことを知って応援したい気持ちがちょっと出てきましたね〜。

世間の厳しい意見も色々あるかもしれませんが、これからもぜひ頑張って欲しい芸人さんですね!