ペプシストロング桃太郎CMの新作鬼ヶ島篇の曲はSame Ol’

どうも!SUGIです!2017年12月3日からオンエアされているペプシストロング5.0GVの桃太郎パロディのCMがめっちゃかっこいいので調べてみました!

ペプシ桃太郎CMの使用楽曲について

このCMに起用されている楽曲はTHE HEAVYというイギリスのロックバンドが提供している「Same Ol’」という曲です。

2014年の3月に初めて桃太郎CMが制作されてからずっとこの曲が使われているのですが、映画ばりの演出にぴったりの曲ですよねー。

THE HEAVYについて

THE HEAVYといえば、イギリス南部のバース出身のスワピー(黒人ヴォーカル)、ダンT(ギタリスト)、クリス・エリュール(Ds.)、スペイサー・ペイジ(b.)で結成された4人組バンドですね。

2008年にリリースされたアルバム『Great Vengeance and Furious Fire』でメジャーデビューを果たし、翌年の2009年にリリースされた2ndアルバム『The House That Dirt Built』では、イギリス本国にとどまらず、アメリカでも大ヒットし15万枚以上のセールスを記録しました。

それからはTVゲームにも起用されてたりしますし、映画『ザ・ファイター』のサウンドトラックとしても起用されていますね。

日本では、ペプシのももたろうCMの影響もあいまって、2014年度のフジロックフェスティバルの出演も果たしました。

ペプシストロング桃太郎CMのストーリー性

超壮大な映画級の世界観の桃太郎ですが、細かい設定だけでなく、そのストーリー性も魅力的です。

Episode.ZEROでは、世界で圧倒的な強さを誇る鬼たちを倒すべく人間たちが挑むも破れてしまうのです。そして、自分よりも強い者を倒すべく、桃太郎が立ち上がり、は鬼ヶ島に向かうまでを描いたストーリーです。

しかし、鬼は大変強く、桃太郎は鬼に敗れてしまいます。それも、犬、サル、キジという主力メンバーと出会う前の時にです。よく桃太郎一人で挑んだなぁ笑

桃太郎は、もっと強くなる必要があると思い、剣の達人・宮本武蔵の元を訪ね、宮本武蔵に修行をしてもらいます。

修行を積んだ桃太郎はやがて宮本武蔵と互角に渡り合えるようになり、修行最後の日に、武蔵から剣を授かります。

Episode.2で犬にフォーカスされるのですが、設定がまた大胆で、

狼の住む山で、狼たちに可愛がられて育てられている人間の赤ちゃんがいました。しかし、ある時その山に鬼がやってきて、一瞬の間に全てを奪ってしまったのです。一人残された青年は悲しみのあまり髪の毛の色が真っ白になってしまいます。そこで、母の形見を身にまとうと、自らを「犬」と名乗るようになったという壮大な話です。

「キジ」はエピソード3で出てくるのですが、なぜか兄弟設定があって、兄がカラスというパラレルワールド的設定になっています笑

黒い羽を持つ兄「カラス」は「力」でその一族を支配していました。一方弟のキジは「愛」で民を守ろうとしていました。

しかし、ある日カラスは、更なる「力」への欲望に負けてしまい、鬼の仲間になってしまうのです。そして一族の願いを受けて、キジは兄と戦う決意をするというめっちゃ熱いストーリーです。

そして今回のサルが出てくる鬼ヶ島篇ですね。

ここから最終章になるということなのですが、やはり続きが気になりますよねー。

鬼役のジュード・ロウ

エピソード4では、鬼の一族が出てくるのですが、イギリス俳優のジュード・ロウさんが鬼役で出演しているんですよね笑

めっちゃ豪華なキャストですよね笑

エピソード4では巨大な鬼となってしまった「オニ」の隠された過去が明らかになるというストーリーなのですが、とにかく鬼の迫力がすごいのなんのって笑

元々は、人間を愛し、人間とともに暮らしたそうです。彼は人間たちを命をかけて守るも、その力を恐れた人間に閉じ込められてしまいます。その裏切られた悲しみの炎が島を覆い尽くし、やがて「鬼ヶ島」と呼ばれ恐れられるようになってしまったそうです。

スターウォーズばりの壮大設定ですね笑

まとめ

いちいち演出がかっこいいですよね笑

このCMが最後まで終わったらそれぞれの作品を一つにまとめたら超クオリティの短編映画の完成ですね笑

最終章もとてもきになるので、また次のCMが放映されたらお知らせしたいと思います。それでは!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です