「ミサイルほどのペンを片手に」宮崎あおいがCMで歌う曲とは?

最近CMで宮崎あおいさんが歌っている曲がとても印象的だったので、調べてみました。

20代女性を中心に幅広い世代に人気のファッションブランドearth music&ecology(アースミュージック&エコロジー)の2016年の春に新CMが放送開始されたことですごい注目されているようです。

『ヒマラヤほどの~♪』と歌っている曲。この曲はTHE BLUE HARTSの『1001のバイオリン』という曲で、正確には、『1000のバイオリン』という曲があって、『1001のバイオリン』はそのオーケストラバージョンなんだとか
ブルーハーツは、1980年~90年代にかけて一世を風靡した伝説のバンドと言われていて、カラオケで皆で歌うと盛り上がる『リンダリンダ』や『TRAIN-TRAIN』等が有名です。

そして、この曲の歌詞がとても印象的ですよね!

“ヒマラヤほどの消しゴムひとつ
楽しい事をたくさんしたい
ミサイルほどのペンを片手に
おもしろい事をたくさんしたい “

どんな意味を表しているのでしょうか?

消しゴムをヒヤラマ山脈に、ペンをミサイルに見立てていて、人の想像力について歌っている歌と言われています。人が何かをスタートする時、何かを作り出す時、それは全て想像力から始まりますからね。すごくいい歌詞だなあと思いましたね。

宮崎あおいさんはこの歌を下手に歌っている感じがありますね。
まっさらな人の想像力を歌っているから、それでいいのかもしれませんね。

何かまた面白そうな曲がありましたら取り上げてみたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です