超高音質イヤホン!?AKGからハイブリッド方式ノイズキャンセリングイヤホンが登場!

皆さんは音楽を聞くときにどんなイヤホンやヘッドホンで聞いていますか?

せっかくいい音楽でもイヤホンで音が割れていたりするとせっかく心を盛り上げてくれる音楽を
台無しにしてしまいますよね。

小型なのに超高性能!?AKG製イヤホンの実力

今回は6月17日にハーマンインターナショナルから発売するAKG製のイヤフォン「N20NC」を紹介します!
本モデルは2015年に発売された小型ハウジングのイヤフォン「N20」の高音質を引き継いでいます。そこにさらにノイズキャンセリング機能も加えた新モデルとなっています。

オーバル型のハウジングでデザインされており、その部分から音筒が斜めに伸びる「アングルド・イヤチップ構造」
を新設計し、「N20NC」に搭載したことで、装着感と遮音性を高めています。

また、騒音集音用マイクをハウジング外側に配置するフィードフォワード方式と、鼓膜に近いドライバユニット側に
配置するフィードバック方式の両方を兼ね備えたハイブリッド方式で、これによりAKG独自の超高性能な騒音低減率
を生み出しているとされる。また、ノイズキャンセリング機能の連続使用時間は最大20時間で、電源をオフにした場合でも、
通常のイヤフォンとして利用可能なので、バッテリーが切れても音楽は聞けるので、安心して使うことができる。

また、新開発された10mm径のダイナミック型ドライバは、振動板の振幅時に発生する背圧を最適化してくれる
「ベンチレーション・システム」を搭載している。これによって「小型感を感じさせないワイドレンジ再生と広々とした空間表現を実現。
豊かで厚みのある低域と、クリアで伸びやかな中広域が残響音さえ余すことなく再現する」としている。

でもイヤホンってケーブル切れやすいよね….?

ケーブル部分には4極プラグ対応のスマートフォン用マイク付きユニバーサル3ボタンリモコンがあります。
背面にスイッチがあるのでこれでAndroid用/iOS用の切り替えが出来ます。ケーブルは断線しにくい「ハイブリッド・シース」構造になっており、Yコネクタ下部は、布製被覆により柔軟性が高くなっている。ケーブルの長さは1.2mあるので使いやすい長さになっている。

付属品には予備サイズのイヤーピースが4種類と、キャリングケースや、フライトアダプタ、充電用のUSBケーブル、
クリーニングツールも付いてくるので旅先にも持っていける仕様になっています。

価格はオープンプライスのようですが、直販での価格は、19,880円で、カラーはブラックです。

まとめ!

管理人はAKG製のBluetoothヘッドホン「Y50BT」を使っています。Bluetoothモデルにも関わらず高音質で
すごい重宝しているのですが、さすがに電車などでは大きいため、ちょっと使いづらい…

イヤホン型は持ち運びも容易なので外でお出かけの際はとてもいいガジェットになりそうですね!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です