音楽でストレスを消す!?生きる力を生み出し音楽で変わる行動心理学とは?

音楽は生きる力に重要な文化だった?

現代は非常に強いストレス社会と言われており毎日の仕事で残業も多く、しかも休日もまともに取れなかったり、期日が迫った仕事や大きな責任が負担になっているなどが原因に上げられます。また、逆に暇であったり、やる気が起きない、やりがいを感じない等でもストレスの原因となるようです。
現代社会は科学技術が発達し経済的に豊かになり、とても便利で快適な生活を送れているにもかかわらず「ストレス社会」と言われております。通勤時や帰宅後のリラックスタイムに音楽を聞くとリフレッシュして気持ちいいものです。

そもそも音楽の文化は約4万年前。人類が急激に発達する時期に生まれたと言われています。リズムは身体と、メロディは脳と結びついています。どの国でも表現方法は違いますが音楽は強く根付いていますね。

音楽が生み出す効果とは

例えば飲食店で流れている曲はジャスなどの落ち着いた曲が多いですね。人は無意識のうちに五感をフル活用して判断しています。例えば店内の照明、メニューのクオリティ、イスやテーブルなどの素材、料理の味、香り、接客の雰囲気などが上げられますが、凄い美味しい料理で接客が良くても、インテリアのセンスが無かったり、雰囲気に合わない曲が流れていても台無しになってしまいます。

イメージ誘導効果

先ほどのお店の例の様に、お店の雰囲気を明るくしたり、高級感を醸し出したり、アミューズメント施設など子供が多い場所では楽しい雰囲気を作ったりとその場の雰囲気をイメージづける効果の事で、BGMを聞いたりすると、まずこの効果を思い浮かべる人が多いと思います。

マスキング効果

ではお店に流れている曲を急に止めたらどうなるだろうか。だんだんと隣の人の声が気になったり、空気に違和感を覚えたりします。逆に何も音楽が流れていない方が、意識してしまう。

飲食店の例で言うと会話をスムースに楽しんでもらうためにも音楽が作り出すマスキング効果というのはとても重要なのです。

感情誘導効果

流れている曲によって一瞬で感情を変える事が出来る。落ち着いた曲であればリラックスしたり、POPな曲で楽しい感情を引き出したり、音楽は感情に働きかけるのが上手く、副作用もない。有効的な使い方である。

行動誘導効果

例えば車の運転中に音楽のテンポを上げるとアクセルを踏んでスピードを出したくなったり、ウォーキングしている人なら歩くスピードが上がる。単純なことだが無意識のうちに人の領域に働きかける効果がある。

音楽を効果的に聞こう!

以上を踏まえて自分が今どんな感情なのかを理解して音楽を聞いてみてはいかがでしょうか。

悲しい時は悲しい曲を聞いてからリラックスした曲を聞いて、楽しい雰囲気の曲を聞けばきっと気持ちも軽くなるかもしれません。

音楽をきっかけに楽しい人生にしていきましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です